ナイキ エア ズーム ペガサス 37。 抜群のクッション性と反発力の「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」は毎日のランニングに最適!

抜群のクッション性と反発力の「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」は毎日のランニングに最適!

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

2倍ズームエアで自然な反発が得られた• レギュラー幅とエクストラワイド幅の違い 左がエクストラワイド幅 4E 、右がレギュラー幅 D です。 ヴェイパーフライに代わるアルファフライが発表された2月6日、練習用シューズとしてズームテンポが発売されることも発表されました。 長い距離を走っても足を保護してくれ、30km走などのロング走でも、このシューズが活躍しそうです。 そのために今回のペガサス37には前足部にズームエアを搭載。 ペガサス37のレビューはこちら. それ以外にもと呼ばれる自分でカラーを自由にカスタマイズできるサービスも提供中。 2019年到来マックスクッション時代 恐らく2019年は、「マックスクッション」スタイルの時代になるでしょう。 ズームペガサスターボ2 ヴェイパーフライシリーズと同じズームXフォームをミッドソールに持つシューズです。

次の

【ナイキ エア ズーム ペガサス 37】「38でもいい程の進化?」シューズアドバイザーが解説

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

とはいえ、シューズ本体も かなり軽量なシューズです。 反面、エアユニットの厚さは2倍以上になって、しかも男女で気圧差つけるなど繊細なケアが施されています。 カラー展開 メンズがブラック、フォトブルー、グレーフォグ、オブシディアンミストなど。 エンジニアードメッシュ 耐久性のあるエンジニアードアッパーの一部に通気性を高めるメッシュ構造が取り入れられました。 アルファフライで大きく注目を集めたズームエアポッドはズームテンポにも搭載されます。 耐久性 ズームペガサスシリーズは、いつも1000km近く履き続けていますが、アウトソールの仕様は前回と変更はない上で、ミッドソールが強化されているので、さらなる耐久性が期待されるのではないかと思います。

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス37【比較・変更点まとめ】|ペガサス36との違いは?重さは?

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

しかし、 はこの構造をぶっ壊します。 5~25. このリアクトフォームは軽く、耐久性が高く、反発性に優れています。 各メーカーがこぞってリリースしてくる予定です。 前作のペガサス36が、2019年6月発売だったので、約1年での最新モデル発売となります。 もし万が一、自分の脚に合わないと感じたら30日以内であれば返品できるのがナイキ公式ストアの良いところ。

次の

【ナイキ エア ズーム ペガサス 37】「38でもいい程の進化?」シューズアドバイザーが解説

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

シリーズ最新作「エアズームペガサス37」 エア ズーム ベガサス 37は、週末ランナーからエリートランナーなど長距離ランナーのうち、スピードを重視するランナー向けのトレーニングに最適なランニングシューズです。 NEWスタンダードはコレ ですから、トラディショナルトレーナーとして、ペガサスがランナーに求められているのは、 革新的でオーソドックスなスタンスです。 寄りで撮っても特に大きな工夫は見受けられませんでした。 足首周りにも非常に心地よい構造になっていると思います。 は密度の濃い空気と繊維状の合成素材が入っているので、溝を入れないとどうしても硬くなってしまい、スムーズな足の移動の妨げになってしまいます。 先ほどの部分を捲ると通常目に見えている表面部分の裏側が顔を出します。

次の

ズームフライ3・ペガサスターボ2は買い?ズームテンポ発売で廃盤か? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

これはランニング時の遊脚期(滞空時間)の延長と立脚期の短縮を目的としています。 私(筆者)にとって、大学生の時にはじめて履いた思い出のモデル。 オデッセイリアクト・エピックリアクト・リアクトインフィニティランなどのリアクトランニングシューズのシリーズはいずれもズームエアとカーボンプレートのないシューズだったので、反発の足りなさを感じていました。 このシースルーのトランスルーセント素材は、今やナイキのランニングシューズの定番ですね。 実は心配していたサイズ感も問題なし。 リアクトで跳ねた後、前方のズームエアでしっかり回収するという仕組みをつくるためです。

次の

ナイキズームペガサス37徹底レビュー!36からどう進化した? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

次は、 シュータン ベロ 部分の内部構造を紹介します。 。 ラバーの範囲に関してはほぼ変わりがないと思ってOKなので、特有の高いグリップ力は健在なのでご安心下さい。 comであれば30日以内の交換・返品は無料なので、まずは試してみるのが一番かと思いますよ!. フライワイヤーは軽量な点は素晴らしいのですが、一点に圧がかかってしまうことと耐久性に乏しいことがマイナスポイントでした。 目に見える表面はで解説しているので言うことはありません。 前シリーズより、よりスピードへの対応力が増したのではないでしょうか。

次の

ズームフライ3・ペガサスターボ2は買い?ズームテンポ発売で廃盤か? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

一方で、ズームエアを前方のみに配置。 実際のスタックハイトは、デイリートレーナーとして、十分な厚みがあるのですが、これは、エアロソール部分の後足部が、かなり反りあがっていて、少し後ろにも揺れるような構造になっていることが理由ではないかと思っています。 これまで履いていたルナエピックもFlyknitで普通に涼しいと感じていました。 とは言え、長距離を走るとヴェイパーフライやペガサスターボより重さが気になってくるため、10kmまでの練習用として私は使っています。 これは外見からでは伝わらない部分なので、 分解の妙ですね。

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス 37をレビュー!

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

また、 凹凸部分の凸部分は想像より柔らかかったので、足を踏み込む際にピストンすることでクッション性をプラスすることもしっかりと実証できたのは大きいと思います。 既にで大まかな分解図が公開されているので、この画像と実物を見比べつつ、ナイキが公開していない細かい部分を紐解き、よりを理解した上で効率的なランニングをサポートできれば幸いです。 同じ10mmドロップでもブランドがそれぞれ揺らし方に工夫がありますからね。 36シリーズはエンジニアードメッシュのみでしたが、37シリーズでは外側にトランスルーセントが採用されたことで、通気性に加え、水や汚れにも強くなっています。 同じようなルックス感ですが、更なる軽量化とフィット感の向上を求めて、仕様が若干変更されています。 36回続くモデルは、ナイキはもちろんですが、実は他のブランドでもこんな長い品番は見当たりません。 35代目は価格的には魅力ですが、新しい36代目はトレイルバーション、「ペガサストレイル」もラインナップされました。

次の