冬 の 交通 安全 運動 2019。 交通安全運動

2019年 春の全国交通安全運動

冬 の 交通 安全 運動 2019

高齢者が利用する機会の多い施設等における活動• 交通事故発生件数:9,540件(前年比-950件)• 12月16日(水):「高齢運転者の交通事故防止」• 運転中の携帯電話等の使用禁止(自転車を含む)• この記事では、 全国交通安全運動に関する 知識や活動内容についてご紹介しますので、是非最後までご覧ください。 全国交通安全運動とは、日本全国で実施される交通安全に関する 啓発活動期間のことを言い、交通対策本部の定める要領に基づいて実施されています。 昨年12月の死者数:22人(前年より9人増加し全国最多) 12月から府内で「可搬式オービス」による速度違反の取り締まりも始まっています。 重点項目• 高齢者と冬休み中の子どもの交通事故防止• 令和元年冬の交通安全運動 運動期間:令和元年12月10日 火曜日)から12月19日(木曜日)までの10日間 年末は、日没が早まり、日の出も遅くなることから、夕暮れから夜間、早朝における交通事故が増加する傾向にあります。 スローガン:安全を つなげて広げて 事故ゼロへ• ポスター等:• 安全に道路を通行するための子供とその保護者等に対する交通安全教育• 人身事故件数:2,143件• 人も車も自転車も、交通ルールを守って交通事故をなくしましょう。

次の

秋の全国交通安全運動(2020年)

冬 の 交通 安全 運動 2019

また、 春と秋で重点の内容が少し違っているのには 理由があります。 12月20日(金):「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」• 特に、 自転車が絡んだ事故は年々増加傾向にあります。 期間:12月11日(水)~12月20日(金)• 自転車の点検整備と自転車事故被害者の救済に資するための各種保険制度の普及啓発• 12月24日(火):「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」 交通事故の発生状況(2019年11月末)• 実施要項:• 12月に入ってから25日までに21人が亡くなっています。 おもな都市の点灯時刻(目安)を掲載しています。 歩きながらスマートフォンを使用すると、道路で人や自転車と接触したり、不注意で車道に出て車に跳ねられてしまうほか、駅で線路に転落するなど、大変危険です。 普段から、 交通安全に気を付けて外出されている方は多いと思いますが、自動車や自転車、通行人がルールを守っていないと、不快な気持ちになってしまいますよね。 令和元年冬の交通安全運動実施要綱 令和元年10月25日 千葉県交通安全対策推進委員会• 子供と高齢者の交通事故防止• 高齢者の死亡事故が多い によると、10~12月の歩行者中の死者数は1~3月と比較して3割以上、自転車運転中の死者数では4割以上多くなっているということです。

次の

2019年 春の全国交通安全運動

冬 の 交通 安全 運動 2019

12月16日(月):シートベルト・チャイルドシート着用徹底の日• 掲載日:2020年6月1日 交通安全運動 目的 交通安全運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を促進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。 子供の安全を保護する観点から、幼児から心身の発達段階に応じた交通安全教育の推進や通学路等における歩行者等の歩行空間の整備を推進しましょう。 (死亡事故の33%が横断歩道および付近で発生)• 目次 交通事故の発生状況(2019年11月末)• 道路を横断するときは、特に夜間は左から来る車に注意し、車両の直前・直後の横断はやめましょう。 死者数:34人 信号機のない横断歩道における車の一時停止率(2019年の調査)は、4. 皆さんも、そんなうっかりミスをすることもあると思います。 昨年12月の死者数:19人(前年より9人減少) 昨年(年間)は飲酒運転の事故件数が全国ワースト1です。

次の

【つるつる】冬の交通安全運動

冬 の 交通 安全 運動 2019

また、年末は、忘年会などの飲酒の機会が増える時期でもあり、飲酒運転による重大交通事故の発生も懸念されます。 関係機関、幼稚園、保育園、学校等が密接に連携し、地域ぐるみでの子供を見守る活動等を推進しましょう。 これは昼間の約168件と比較して約4倍で、夜間の約321件と比べても約2倍です。 12月10日(火曜日)交通事故死ゼロを目指す日・夕暮れ時と夜間の事故防止の日 スローガン 人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県 運動重点 埼玉県重点• 2019年春・秋の「全国交通安全運動」の日程や期間 ここからは、2019年春・秋の「 全国交通安全運動」について説明していきます。 ものすごく地味。

次の

【つるつる】冬の交通安全運動

冬 の 交通 安全 運動 2019

。 ポスター:• 特に「わだち」の形を保ったまま凍ってしまった日には、もうお手上げです。 また、運転中や歩きながら音楽をイヤフォンで聴くことで、周りの音に気が付けず、事故に発展しているケースもあります。 職場や学校などに掲示することで、事故防止が期待できると思います。 このほか、鉄道駅のホーム上の安全、線路に入らないなどを利用客に告知し、安全かつ安心して利用できる取り組みを実施します。 夕暮れ時は前照灯を早めに点灯させ、夜間の対向車・先行車がいない状況では、走行用前照灯(ハイビーム)を積極的に使用しましょう。 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 29日:3人(-11人)• 交通事故死ゼロを目指す日:9月30日(水) 重点項目• 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用しましょう。

次の

令和元年冬の交通安全運動実施要綱/千葉県

冬 の 交通 安全 運動 2019

ポスター:• 子供を対象とした活動• そこで、一人ひとりが交通ルールを遵守し、交通マナーを実践することにより、交通事故防止を図ることを目的に、以下の重点目標に沿った交通安全運動を実施します。 昨年の取り締まり件数は約18万件(全国)で、前年より約3万6千件増加(罰則は普通車の反則金が9千円、違反点数は2点) 静岡県-年末の交通安全県民運動• 夕方からライトをつけよう 地域、家庭等における活動• 歩行者は自動車のスピードが分かりにくくなる。 人身事故件数:2,249件• 期間:12月10日(火)~1月3日(金)• 死者数:53人 栃木県-年末の交通安全県民総ぐるみ運動• 冬道用タイヤ装着の徹底• 夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服や反射材を着用するよう、声を掛け合いましょう。 負傷者数:2,523人• 22日:6人(-2人)• 深酒や二日酔いに対する社内における注意喚起や職員による地域の交通安全啓発活動への参加を促進しましょう。 死者数:27人 10万人あたりの死者数は昨年、おととしと2年連続で全国ワースト1。

次の