ウェディング プランナー 仕事 内容。 「上場ブライダル企業」の「ウェディングプランナー」の仕事内容・給料レポ│公務員総研

ウェディングプランナーの仕事に向いてる人の特徴は?仕事内容やメリットについてご紹介!【ジョブール】

ウェディング プランナー 仕事 内容

それぞれのカップルに合った結婚式を提案するために、ブライダルに関する専門知識だけでなく、カップルから希望を聞き出すカウンセリング能力や、希望に沿ったアイデアを出す企画力が必要とされる仕事です。 そして、有給休暇はほとんど取れず、退職時にまとめて取得しました。 また、ウェディングプランナーには営業としての側面もあるので、顧客の意向を汲みつつ、同時に売上面を含めて調整し、適切なプランを提案するスキルも求められます。 新郎新婦の希望をベースに、親御様の意見も汲み取りながら様々なご提案をすることには毎回細心の注意を払い非常に神経を使いました。 これに加えて数値も引き合いに出すとベストなので、他社との価格の違いやオプション料金などを提案に盛り込んでいきます。

次の

ブライダル・ウェディングプランナーの仕事辞めたい理由|体験談集

ウェディング プランナー 仕事 内容

カメラの腕前以外にも、式中のプログラムの急な変更や予想外のハプニングにも素早く対応できる冷静な判断能力も求められそうです。 結婚式が全て終わった後も、お二人のお見送りをし、会場の清掃・次の結婚式の準備などを行います。 情熱と愛情が深ければ深い程、良いプランナーになれるかもしれません。 ウェディングプランナーは、ABC協会認定のブライダルプランナー検定という資格などもありますし、サービスやマナー検定なども存在しますが、必ずしも資格がなければ出来ないという職種ではありません。 資格が不要な分野も多く、業界や業種の数だけプランナーがいるといってもいいでしょう。 マメな人 ウェディングプランナーは一人あたり何組もの新郎新婦を担当します。 結婚式開始後|会場や進行確認、新郎新婦のサポート 実際に結婚式が始まると、さりげなく新郎新婦に体調確認をしたり次の動きの案内を行います。

次の

ウェディングプランナーとは

ウェディング プランナー 仕事 内容

仕事のやり甲斐は、世界中のどんな言葉を探しても見つからないほどで、言い表せられません。 プランナーを目指す方は、目標とする業界についての理解を深めましょう。 ドレスの着替えやお色直しの時に新婦のそばについてお世話をしたり、式の進行中も例えば新婦が必要とする小物を新婦に届けたりする役割を果たします。 ウェディングプランナーは、そういった方々の不安を解消し、ニーズに合うプランに導いていく役割を担うため、顧客と直接コミュニケーションを取る個人営業の経験も活きます。 新郎・新婦が支度をしている間に、引出物やゲストの名前とテーブルが合っているかなど、スタッフたちと会場の最終チェックも綿密に行います。

次の

ウェディングプランナー| なり方・資格・仕事内容・年収など | 未来の職業研究 | 東進の職業情報サイト

ウェディング プランナー 仕事 内容

未入金の場合の対応 その他にもプランナーと言えども、単価UPなどの営業的な側面もあるので、ロールプレイングでトークを磨いたり、プランナーでの全体会議等の仕事もあります。 引出物の準備や、テーブルセッティング・ゲストの名前とテーブルが合っているか等のチェックも行いますし、挙式・披露宴を出来るだけ時間通りに進めるよう段取り良く先回りし会場全体の流れを動かしていきます。 披露宴の司会者の選定・手配や照明、音響、引き出物、装花、料理の手配に関しては、外部に発注・委託することもあります。 もったいないなと思います。 今この仕事を辞めたいと真剣に悩んでいます。 自分の意見を言うだけでは、新郎新婦に満足してもらえる可能性は低いです。

次の

プランナーという言葉の意味と仕事内容

ウェディング プランナー 仕事 内容

そのためには、業界の知識をしっかりと身につける必要があるでしょう。 来店した新郎新婦に自社の魅力を伝える ウェディングプランナーの最初の仕事は、来店した新郎新婦に対する接客と提案です。 また、ウェディングプランナーの民間資格を設けている団体もあります。 ブライダルの世界やプロデュースが好き、という気持ちも必要でしょう。 この仕事や職場でよかったこと 新郎新婦はじめゲストの方々に喜んでいただけることや最高の笑顔を見せていただけることです。 手配しているすべてのものが届いているか確認し、会場全体に気を配り、シェフや披露宴会場でのサービススタッフなど各スタッフを動かしていきます。 新郎新婦のご様子も頻繁確認しご体調面にも気を配ります。

次の

憧れのウェディングプランナーになりたい!具体的な仕事内容とは

ウェディング プランナー 仕事 内容

これらの仕事全体を通してひとりのウエディングプランナーが行うこともあれば、分業制で仕事を進めることもあります。 また、ミスは絶対に許されず最終的な責任は担当プランナーにあったため、一年中常に気を張っている状態でした。 次に後段となるのが結婚式当日です。 また、場合によってはドレスやヘアメイクの相談に乗ったり、「前撮り」という形で事前の写真撮影に立ち会ったりすることもあります。 ここではドレス・ブーケのスタイルなどの基本知識だけでなく、ウェディングケーキの由来・ブーケ&ブートニアの由来・日本人の結婚式の歴史や文化、海外の結婚式について…などの勉強が出来、とにかく幅広く知ることが出来ます。 顧客のニーズに合う結婚式になるように提案し、必要な備品や人材の手配等を含めて総合的にサポートします。 細かな対応という意味では、経理業務に自信のある方は、もしかするとウェディングプランナー向きなのかもしれません。

次の